金爆・歌広場淳、新型コロナから回復を報告 他メンバーも陰性

ゴールデンボンバー・歌広場が新型コロナに感染したその後を報告

歌広場淳

17日、人気バンド・ゴールデンボンバーの歌広場淳さんが、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの療養期間を終えたと報告しました。


■療養期間が終了

歌広場さんはこの日、「コロナの件で皆様には大変ご心配をおかけしました」と書き出し、「今月4日に発熱がありましたが、以降は平熱で、重症化することもなく療養期間を終えることができました」と報告。

続いて「事務所からの発表にもあるようにPCR検査の判定も陰性でした。皆様の励ましに本当に救われました。コロナの脅威が一日も早く終息しますように!」とのコメントを発信し、ファンを安心させました。


関連記事:伊藤健太郎、新型コロナは「陰性」 横浜流星と舞台で共演

■他メンバーも陰性

所属事務所である「ユークリット・エージェンシー」のツイッターによると、歌広場さんは8月14日に再度PCR検査を受け、16日に陰性という結果が出たそう。

仕事現場での濃厚接触者は居ないと保健所に判断されていたものの、鬼龍院翔さん、喜矢武豊さん、樽美酒研二さんも念のため検査を受けており、17日には全員陰性であることが確認されていることが明かされています。

そして「仕事に支障をきたしてしまい、申し訳ございませんでした」「今後より一層の体調管理、感染対策を行いつつ、日々の生活を送ってまいります」と謝罪の言葉を結び、投稿を締めくくりました。

続きを読む ■コメントに共感の声

おすすめ記事