ドイツのサーカス団がライオンの排泄物を販売 「ネコ除けに良い」と好評

新型コロナで経営不振となったサーカス団が「排泄物」を新発売!

トイレ中のライオン
Specie Panthera leo family of felidae

新型コロナウイルスの影響で公演が出来ず、経営不振に陥ったドイツのあるサーカス団が所属動物の「排泄物」を売ることで資金調達をしているというニュースが話題になっています。


■ここにもコロナの影響が…

この奇想天外な商売を始めたのは、ドイツで活動するサーカス団「サーカス・クローネ」。

代表者は新型コロナウイルスで客足が遠のいてしまい、26頭のライオンやトラがショーの仕事を失っていたと明かします。

舞台や映画、そしてこうしたサーカスはどうしても避けられがちなので無理もありません…。


関連記事:フランフラン×ダンボの新グッズ! 可愛いラメ入りクリアポーチ

■そうだ、ウンチを売ろう

そこで、調教師のマーティンさんは「ライオンやトラの排泄物を売ってはどうか」と提案。

大型動物の排泄物はネコ除けになる他、作物の害虫駆除、そして度々問題となっている野生動物が電線をかじる問題の解決にもなるということから瓶詰のウンチを1つ5ユーロ(約600円)での販売が決定しました。

次ページ ■品切れの心配は「無し」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事