伊藤健太郎が二人きりになって「泣きそう」 木村拓哉の心遣いに感動

俳優の伊藤健太郎が憧れた人との交流を告白

伊藤健太郎

12日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に俳優の伊藤健太郎さんが出演。

ジャニーズ事務所との交友録、及び憧れている俳優について語りました。


■ジャニーズ事務所と仲良し

ドラマ『BG-身辺警護人-』や『必殺仕事人2019』(共にテレビ朝日系)など、ジャニーズ事務所の面々が主役を務める作品に数多く出演している伊藤さんはこの日、「仲の良いジャニーズは?」という質問に対しTOKIOの松岡昌宏さん、及び生田斗真さんの名前を提示。

松岡さんとは『必殺仕事人』シリーズで共演を果たした際、京都で「ガン飲み」した程の仲だと明かしました。


関連記事:木村拓哉、後輩の“キムタク愛”の熱量にタジタジ 「すごいな…」

■でも結局好きなのは…

その他にもKing&Princeの平野紫耀さんとも交流があると明かした伊藤さんですが、彼がジャニーズで最も憧れているのは木村拓哉さん。

2004年放送のドラマ『プライド』(フジテレビ系)がキッカケでファンになり、以降「ずっと好き」であることを明かすと、国分太一さんからは「松兄松兄(松岡さん)言ってたけど木村さんが好きなんだね」と突っ込まれます。

続いて松岡さんに「そうなんですよ!!」「2時間メシ食ってたら1時間半俺の話をしろ!」と拗ねる一幕も。

次ページ ■木村さんと二人きりになって…

おすすめ記事