仕事が出来ないあまり母が代理出勤? 過保護親にドン引き

新入社員の親が過保護だった。

怒る男性
(taa22/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

過保護すぎる親に育てられた子供は成人後、どのような人生を歩むのでしょうか。

反発して家を出る、そのまま守られる、それとも世間知らず故に他人に迷惑をかけるのかパターンは様々ですが、「過保護」が必ずしも子供にとって良いとは限らないでしょう。

そんな子育てを象徴するような事件が台湾の掲示板に書き込まれ、大きな話題を呼んでいます。


■新入社員が箱入り娘

フェイスブックコミュニティ「爆廃公社」に近日書き込まれたのは「新入社員がヤバい」という愚痴。

投稿主の女性は、30歳の新入社員の教育係を任された為まもなく部下となる人の入社を心待ちにしていたそう。

当日朝に挨拶を済ませたあと、さっそく業務について教え始めたのですが部下は学歴こそ高けれど、社会の基本的な常識があまりないことに気づいたと振り返りました。


関連記事:新入社員で結婚・出産…幸せな生活と引き換えに女子が失った3つのモノ

■ごみ捨ての方法がわからない?

そして退社の時間になり「帰るついでにゴミを捨てていってね」と教えたところなんと彼女は「ゴミの捨て方がわかりません」と発言したそう。

「捨て方がわからない…?え…?」と投稿主が戸惑うと、部下は「お母さんから勉強ができてればいいと教わって生きてきました。だからゴミの捨て方はわかりません」と悪びれもなく笑顔を浮かべます。

苦し紛れに「家事をやったことはないの?」と問いかけると「全部母がやっています!」と元気よく返事が返ってきたのだとか…。

次ページ ■母が代理出勤!?

おすすめ記事

関連キーワード