「やさしい人」ってどんな人? 思いやりのある行動の具体例を聞いた

周りにいる「やさしい人」の特徴を、fumumu取材班が聞いてきました。

会話
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

小学校の標語でありそうな、「やさしい人になりましょう」。すてきな言葉に聞こえるけれど、「やさしい人」って、果たしてどんな人を指しているのでしょうか?

fumumu取材班が、身の回りにいる「やさしい人」の特徴を聞いてきました。


①素直に祝福する

「人のしあわせを素直に祝福できる人は、やさしい人だなと感じます。自分のことじゃないのに、すごく喜んでいる姿は、はたから見ていてもすてきだなと思いますよ。


誰かがしあわせそうにしていると、嫉妬や悔しさで水を差す人っているじゃないですか。そういう人は、自分に満足できていないのかなぁと思ってしまいます。


やさしい人は、心の余裕を作るのが上手なんじゃないでしょうか。自分の気持ちに余裕があると、人にもやさしくできますもんね」(20代・女性)


関連記事:「人に八つ当たりするのをやめたい…」 自分と人にやさしくなれる3つのヒント

②ときにはハッキリ注意

「度が過ぎる発言をしていた子に、ハッキリ注意をしていた友達には、その行動がやさしいなと思いました。人に注意をするのって、こちらが疲れますから。


後々困るのは本人だし、放置しておくほうが楽じゃないですか。それなのに、『他でそういうこと言うと、怒る人もいると思うよ』と指摘していたのは、すごいなと感じました。


その子が今後困らないように、気づかせてあげたように見えたんですよね。言い方も一方的に責めるようではなくて、やさしい子だなぁと思いました」(20代・女性)

続きを読む ③さりげないフォロー

おすすめ記事