「自分軸」をどう守る? 自分の意見を大切にするために覚えておきたいこと

自分の気持ちを大切にするために取り入れたいことを、fumumu取材班が聞いてきました。

意志
(kieferpixc/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「自分軸を大切に!」とは聞くけれど、どうすれば、自分軸を守ることができるのでしょうか?

自分の意見を大切にするために覚えておきたいことを、fumumu取材班が聞いてきました。


①地位や立場に流されない

「周りの地位や立場に流されて、自分の意見を無視してしまうと、後で苦しくなっていくと思います。納得できない考え方でも、つい相手の立場に流されて、同意してしまうときもありましたけど…。


ひとりになったときに、情けないことをしてしまったなと自分が恥ずかしくなるんですよね。もし自分の意見を言えるような雰囲気じゃなくても、別に相手の意見を否定する必要はないと思うんです。


あくまで同調しないようにして、深い会話に発展する前にその場を去ってもいいわけですよね。自分の気持ちに嘘をつかないようにだけ、意識していきたいなと思います」(20代・女性)


関連記事:「人のため」ばかりで疲れた! 自分を優先するにはどうすればいい?

②譲れないものを知る

「私は、人に流されやすいタイプなんです。そこまで自分の中にこだわりがないので、流されることに罪悪感もなくて。ただ、譲れないものだけはしっかり守るようにしています。


賛同できない悪口には乗らないとか、自分の好きな人を馬鹿にされたらちゃんと怒ろうとか。すべてにおいて、自分軸で考える必要はないと思うんです。


ずっと気持ちを張り詰めていても疲れてしまうから、そこまで興味がないことは流されてもいいかなって。自分がこれだけは! と思う部分だけ、人に流されないようにしておけば、それで充分なんじゃないでしょうか」(20代・女性)

次ページ ③小さなことから口に出す

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事