EXIT兼近、話題の「チーズ牛丼」に言及 ネットスラング化に反発の声も

ネットスラング化してしまった「チーズ牛丼」に、EXIT・兼近さん他様々な有名人が反応!

兼近大樹
(写真提供:JP News)

30日、お笑いコンビ・EXITの兼近大樹さんが近年ネットで話題になっている「チーズ牛丼」に反応しました。


■何故か揶揄される言葉に

近年インターネット掲示板にて、大人しそうな雰囲気の若者を指す”ネットスラング”として「チー牛」という言葉が目立つようになりました。

発端は、ある絵師が公開した「斜め横顔の男性が写実タッチで描かれ、『すいません。三色チーズ牛丼の特盛りに温玉付きをお願いします。』という吹き出しが印象的なイラスト」と伝えられています。どうやら「チーズ牛丼」が省略され「チー牛」に進化したよう。

「三色チーズ牛丼」とは、牛丼チェーン店「すき家」メニュー「とろ~り3種のチーズ牛丼」のこと。「すき家」は全く関係のない場所で風評被害を受ける結果となってしまいました。


関連記事:SNS映え確定!? すき家のフラッペはウマおしゃれメニューだった

■「めちゃくちゃ食う」

30日、「チーズ牛丼」がツイッターでトレンド入り! それを受けてか、兼近さんは「俺チーズ牛丼めちゃめちゃ食う」と更新。

続けて「控えめに言って美味すぎけんしんだからね(^O^)/」と、味の良さについても触れながら言及しました。少しでもポジティブな印象に変えようという、兼近さんの思いが素敵な投稿ですね。

次ページ ■美味しいのに!

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事