江頭2:50の作品が「バンクシー展で展示」に物議 「利用されてる…」

江頭さんの作品が『バンクシー展』へ展示されることを報告しましたが…

江頭2:50
(写真提供:JP News)

お笑いタレントの江頭2:50さんが、 『バンクシー展』主催者側からコラボオファーを受けたことを報告。その事実に物議を醸しています。


■お尻から粉を噴射の「バンク尻―」

正体不明で神出鬼没のアーティストとして、世界中で絶大な支持を得ているバンクシー。

バンクシーに共鳴した江頭さんは今年3月、自身のYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」で「バンク尻ー」を公開。バンクシーのようにステイシルアート作品となっていますが、江頭さんはスプレーではなく、お尻から噴射した粉で描くという手法。

「こんな時代だからこそ1人でも多くの民衆を笑顔にしたい」との思いで制作した作品となっています。お尻から噴射…。


関連記事:江頭2:50、動画が大反響の中 悲しいお知らせ 「どうすればいいのか…」

■「バンクシー側からオファー」

そして29日、江頭さんは「【速報】バンクシー側から電話がかかってきました」とのタイトルで動画を公開。

横浜・アソビルにて開催中の展覧会『バンクシー展 天才か反逆者か』からオファーを受け、江頭さんの作品「バンク尻ー」が展示されることを報告しました。

江頭さんは「バンクシー側」と表現していますが、正しくは同展からのオファー。そして、バンクシーのオリジナル作品や版画、立体オブジェクトを70点以上集めたこの展覧会は、バンクシーの許可を得ていないものです。

次ページ ■バンクシー「フェイク展」

おすすめ記事