新型コロナのせいじゃない? 感染を宣告された男性の驚きの死因

新型コロナを宣告されるも、全く異なる理由で死亡?

倒れる男性
(Tunatura/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

世界で日に日に感染者が増加する新型コロナウイルス。

「感染者です」と宣告された場合、ショックを受けてしまうのは無理もありません。

近日インドにて感染を告知された男性の死亡が報じられたのですが、死因とその後の対応が物議を醸しています。


■中々症状が改善せず…

インド南部のテランガーナ州で新型コロナウイルス感染の宣告を受けたのは、65歳の男性・バスカさん。

彼は連日の発熱、そして胸部の痛みを感じたことから入院をして様子を見たところ、中々改善しなかったとのこと。そこでバスカさんは、セカンドオピニオンを受けようと決意したことが現地メディアにより報道されました。


関連記事:新型コロナ禍でも披露宴を強行 親族16人が陽性反応、父は死亡する悲劇

■結果、感染が判明

2つ目の病院で検査を行った彼は、PCR検査の結果を待つために妹の家に泊まり込むことに。

来たる3日後、病院からかかってきた電話を取った二人は「バスカさんは新型コロナウイルスに感染しています」という事実を知らされました。現在インドでは感染が広がっているとのことですから、いつ誰が患っても不思議ではないのです。

次ページ ■死因はコロナではなく…?

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事