モダンな空間を求めて… 歴史あるオリエント急行で優雅なティータイム

箱根ラリック美術館内にある憧れのオリエント急行で贅沢なひとときを。

■世界的車両が箱根にある理由

そんなオリエント急行の内装を手掛けたのは、ジュエリーとガラス工芸の巨匠、ルネ・ラリック氏。

箱根ラリック美術館では、ルネ・ラリック氏の生涯に渡る作品が揃えられているため、そのなかの一つとして、オリエント急行も箱根へやってきたのだとか。

美しい光沢のマホガニー材に150枚以上のガラスパネルが貼りめぐらされており、あまりの美しさにオリエント急行はルネ・ラリック氏の後半生の傑作といわれています。

人々を魅了し、当時忘れられない旅を演出した憧れのオリエント急行へ、非日常な魅力を味わいにぜひ行ってみては。

・合わせて読みたい→全部苺! ANAインターコンチネンタルホテル東京のアフタヌーンティー

(文/fumumu編集部・村木樹 ハル

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事