女心がわかる? 文学系男性と付き合って感じたメリット

文学系男子の恋愛傾向とは?

本を読む男性
(miya227/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

文学が好きで良く読んでいたり、小説を書いていたりする男性は女心がわかることが多いようです。fumumu取材班は、詳しく話を聞いてみました。


①会話が面白い

どんな会話でも興味をもって、しっかりとキャッチボールしてくれるのだとか。

「たくさんの本を読んできた彼は、女性の他愛ない話にも興味をもってくれ、しっかりキャッチボールしてくれます。頭の回転が早く言い回しもとても面白くて、私が言葉を知らなくてもバカにせず教えてくれる一面も。


私も本が好きなので、彼からおすすめの本を借りたり、逆に私が読み終わった本を読んでもらったりして会話がはずみます」(30代・女性)


関連記事:似た者同士はうまくいくというけれど…正反対なのにうまくいった経験

②温かいロマンチスト

情緒が安定していて、その場の空気を読むのが上手い人が文学男性には多いようです。

「読書好きな男性は落ち着いているタイプが多いです。わたしの元カレは文学男性で、柔らかい考え方をもっていました。理論で突破しようとせずにその場の空気を大事にしてくれるので、一緒にいて居心地がとてもよかったです。


また、文学的表現に長けているので、情緒的でロマンチックな言葉をくれます。理論詰めでうんちくを言ってくることがないのは、付き合う上で大きなメリットだと思います」(20代・女性)

次ページ ➂言動に思いやりがある

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事