『お菓子総選挙』に未参加の”アノ企業”に注目 「アルフォートは…」

お菓子総選挙のある企業にファン落胆

ポテトチップス
(Kwangmoozaa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

20日、数ある菓子の中から日本人が本当に好きなお菓子を決める特別番組『国民1万4千人がガチで投票!お菓子総選挙』(テレビ朝日系)が放送され、約4500商品の中からカルビーの「ポテトチップス うすしお味」が1位に輝きました。

しかし、ネットではあの超有名お菓子ブランドがそもそも参戦していなかったことに対し、落胆の声があがっています。


■22社が参加!

今回の放送では、番組シリーズ過去最多となる22社のお菓子メーカーが参戦。カルビーをはじめ、ロッテ、湖池屋、明治、亀田製薬、江崎グリコ、そして「歌舞伎揚げ」でおなじみの天乃屋など、珠玉の企業たちが狼煙をあげたのです。

知らない人はいないと言っても過言ではないお菓子の登場に、放送開始からネットは大盛り上がり。

「#お菓子総選挙」でつぶやいてくださいと番組側が宣言したこともあり、各々の好きなお菓子に対する熱いコメントが続出しました。


関連記事:ファミマ限定ミニ「じゃがりこ」登場! サワークリームの香りがたまらない

■気になるランキングは…

番組が発表した「日本人が好きなお菓子ランキング」は1位に「ポテトチップス うすしお味」(カルビー)続く2位に「アーモンドチョコレート」(明治)、3位に「亀田の柿の種」(亀田製菓)、4位に「じゃがりこ サラダ」(カルビー)、5位には「キットカット ミニ」(ネスレ日本)がランクイン。

6位からも定番の強豪たちが続々と名をあげ、大きな盛り上がりを見せていました。なお、気になる「きのこの山」「たけのこの里」(どちらも明治)対決ですが、今回は「たけのこの里」に軍配があがっています。

続きを読む ■ブルボン未参加に落胆の声
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事