リモート飲み会の疲れを防止! 開催時に取り入れたい3つのアイデア

オンライン飲み会でぐったり疲れてしまわないように、意識的に取り入れたいアイデアをご紹介します。

ビデオ通話
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自宅で気軽に開催できることから、人気を集めているリモート飲み・オンライン飲み。ただ、対面の飲み会との違いや、終電が関係ないため終わりが見えないことに、じわじわとストレスを溜め込んでいる人もいるようです。

どうすれば、リモート飲み会のストレスを緩和することができるのでしょうか? fumumu取材班が、開催時に取り入れたいアイデアを聞いてきました。


①人数を増やしすぎない

「オンライン飲みだと、少人数に分かれて話をすることができないので、あまり人数を増やしすぎないほうがいいと思います。私が幹事をするときは、多くても5人ほどにしています。


人数が多いと、会話に参加できない人が出てきてしまうんですよね。直接集まっていれば隣の人と話をすることもできるけど、オンラインだと会話している人を見ることしかできませんから。


人の話を黙って聞いているだけの飲み会になると、退屈で疲れてしまいますよね。一人ひとりが会話に参加できるように、人数は絞ったほうがいいと思います」(20代・女性)


関連記事:アンミカや和田正人、オンライン”人狼”を報告 「かなり驚くレベル」

②終わりを決める

「オンライン飲みでいちばん面倒なのが、終わりが見えないことだと思うんです。お店での飲み会ならラストオーダーがあるし、終電の時間もあるので、どれだけ遅くなっても終わりはあるじゃないですか。


オンラインになると、いつまでもダラダラ続いていくのが疲れるんです。私は、時間が来たら強制的に終わるように、時間設定をしています。話が盛り上がっていても、スッパリ終わらせることができるので楽ですよ。


時間設定ができないサービスやアプリを使うときは、爆音のアラームをセットしたスマホを近く置いて、全員に時間を自覚してもらうようにしています」(20代・女性)

次ページ ③音声のみでもアリ

おすすめ記事