安斉かれん、カラコンデビューは小6 父とドン・キホーテへ行った思い出を語る

昔からオシャレさんな安斉かれんに驚きの声

安斉カレン
(©avex)

16日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました 2時間スペシャル』(日本テレビ系)に、歌手の安斉かれんさんが出演。驚きのおしゃれヒストリーを公開し、多くの視聴者を驚かせています。


■ブリーチは小4から

金髪のロングヘアがトレードマークの安斉さんはこの日、番組内で小学校の頃撮影したプリクラを公開。幼いころから明るい髪色に対し、4年生の夏休みに「シュッシュッとやるブリーチ」を使用していたことを明かしました。

母親に「髪、茶色くない?」と怪しまれた際は「プールで焼けた!」と言いごまかしていたそうです。

当時はギャル雑誌『Popteen』の全盛期。ギャルブームが起こっていたこともありつけまつげや明るい髪色に興味を持ったことがキッカケなのだとか。


関連記事:田中みな実と白濱亜嵐が謎のキスシーンを熱演 「なんでここで…」と視聴者困惑

■中学では怒られるも…

それから中学へ進学し、吹奏楽部に入部した安斉さんの写真を見るとこちらは暗めの髪色に大人っぽい雰囲気を醸し出してします。

小学生の頃からカラーコンタクトを装着し、眉毛を剃っていた彼女は部活の顧問に呼び出され「大会出さないぞ」と言われてしまった為「だったらやめようと思って、全部やめて部活に専念しました」と真面目で負けず嫌いな一面も見せています。

続きを読む ■お父さんとドンキでカラコン
  • 1
  • 2

おすすめ記事