「忘れっぽい」は工夫でカバー! 自分をフォローするためのうっかり対策

つい物事を忘れてしまううっかりな性格。上手にフォローするはどうすればいいのでしょうか?

③アナログな手書きもアリ

「忘れたくないことをスマホにメモしていたんですけど、今度はメモしたことを忘れて、思い出したいことをスルーしてしまうことがあったんです。スマホのメモをチェックする癖が、まだ付いていなかったんですよね。


メモ自体が目に入っていないと意味がないと思って、どうしても覚えておきたいことは、付箋に書いてスマホの画面に貼り付けるようになりました。


最初は冷蔵庫や玄関に貼っていたんですけど、付箋が視界に入っているのにスルーしてしまうことがあったんです。スマホの画面に貼ると、それをはがさないとなにもできないので、今のところ完璧に思い出すことができています」(20代・女性)

忘れてしまうことを嘆くより、どうしたらアイデアでカバーできるかを考えるほうが、前向きな気持ちになれそうです。

忘れてしまうのは前提として、うっかりをフォローする仕組みをいくつか持っておくと安心ですよ。

・合わせて読みたい→無意識だったけれど… 男性が「エロっ…!」と興奮したキス3選

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事