嵐・大野、SixTONESに語った“リーダー論”にスタジオ驚愕 「ジャニーさんと同じ…」

SixTONESの髙地優吾と田中樹がジャニーズ入りのキッカケを語る

ジャニーズ事務所

14日、『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます』(カンテレ・フジテレビ系)に、ジャニーズの人気グループ・SixTONESの髙地優吾さんと田中樹さんが出演。グループリーダーを決めた経緯を語りました。


■まだ合格してないかも?

この日、番組内で「ジャニーズ驚きのルール」として、事務所オーディションの仕組みを語った2人。

ジャニーズに入るきっかけを聞かれた田中さんは、「母親が履歴書を送ってオーディション受けて2週間後ぐらいに来てくれと言われて…」と振り返ったのち、それが先輩グループ・Hey! Say! JUMPのライブリハーサルであったと告白しました。

事務所から正式に「合格」「不合格」と告げられることはないそうで、「だからもしかしたらまだ合格してないかも…」と不安そうな表情も見せています。

田中さんのように何も言われぬまま先輩のバックなどの仕事が続き、気付いたらデビューする人と、気づいたら仕事に呼ばれなくなり、フェードアウトしていくパターンがあるそうです。


関連記事:ジャニーズがユーチューブで無料配信!? ファンからは「元気でた」と喜びの声

■キッカケは様々

一方、グループリーダーを務める髙地さんは内村光良さんがMCを務めたTV番組『スクール革命!』(日本テレビ系)のレギュラーを賭けたオーディションに友達が勝手に応募したことが事務所入りのキッカケだった様子。

自らの意思で目指したわけではない為、当時は本当にやる気がなかったと激白しました。

あまりにも面倒だったのか、ジャニー喜多川さんに「辞めたい」と相談したこともあるそうでその際「YOUはいるだけでいいんだよ!」と引き止められたエピソードも語られました。

そんな髙地さんに対し、田中さんは「それを真に受けてか今本当にいるだけ」とツッコミ。髙地さんはすぐさま「今は滅茶苦茶やる気あるんです!」と反論し、スタジオを笑わせています。

続きを読む ■リーダーを決めたのは嵐の大野
  • 1
  • 2

おすすめ記事