トラブルにパニックにならないために! 不測の事態に対応する3つのコツ

日常に潜む「予想外」に対処するためのコツを、fumumu取材班が聞いてきました。

困る女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の予想外のことが起きたとき、パニックにならずに対処するにはどうしたらいいのでしょうか。焦ってしまって、さらに問題を大きくしてしまうのも怖いですよね。

fumumu取材班が、不測の事態に対応するコツを聞いてきました。


①ゲームだと思う

「なにか予想外のことが起きたときは、ゲーム感覚で受け止めるようにしています。昔から、自分を漫画やゲームの登場人物だと想像することが好きなんですよ。


なにかトラブルが起きても、ゲームの中のことだと思うと、パニックにならずに冷静に対処ができるんです。ゲームだと想像することで、客観的な視点で物事を見られるのかもしれないですね」(20代・女性)


関連記事:幼い自分から卒業したい! 大人げない行動をやめるには?

②素直に頼る

「ひとりで解決しようとせずに、誰かに頼ることが大切だと思います。仕事のトラブルなら同僚や上司にヘルプを頼んだり、人間関係のトラブルなら第三者に相談したり。


私は道に迷ったとき、アプリだとわからなくていまだに交番に駆け込んで教えてもらいます(笑)ひとりですべてを対処しようすると、どうしても視野が狭まってしまうと思います。


ひとりの人間の頭より、複数の頭で考えたほうが絶対にアイデアも多いですから。自分よりも冷静な人が近くにいることで、慌てそうな自分を制することもできますよ」(20代・女性)

次ページ ③目を閉じて深呼吸

おすすめ記事