いつもなにかに悩んでない? 悩みをスムーズに手放すための3つの考え方

悩み事を上手に手放す方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

悩む女性
(tampatra/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

毎日なにかに悩んで、イライラ・モヤモヤを溜め込んではいませんか? 悩み事を抱え続けて生活することは、精神的にも負担が大きいですよね。

上手に悩み事を手放すには、なにを意識すればいいのでしょうか。fumumu取材班が、悩みすぎないコツを聞いてきました。


①書き出して整理

「悩みが頭の中で回ってしまうときは、解決できないことをずっと考えていることが多いんです。どうなるかわからないことを、いつまでも考えて時間が経ってしまうんですよね。


そういうときは、なるべく紙に書き出して、頭の中を整理するようにしています。紙に気持ちを書くことで、悩みを客観的に捉えることができるんです。


今考えても仕方ないことや、自分が考えすぎていたことが、文字で見ることで気づけるんだと思います」(20代・女性)


関連記事:どうでもいいことかもしれないけれど…ずっと頭から離れない小さな悩み

②他人事で考える

「人の悩みには冷静なアドバイスができるのに、自分のことになると答えが出なかったりするじゃないですか。だから、悩みを解決できないときは『同じことで友達が悩んでいたらなんて言うかな?』と考えるようにしています。


他人事として考えてみると、思いつかなかった解決方法が見えてきたり、そこまで悩むことでもなかったかなと思えるんです。


主観で考えすぎてしまうと、答えがなかなか見えなくなってしまうのかもしれないですね」(20代・女性)

次ページ ③人生に充実感を

おすすめ記事