「なんかだるいなぁ…」 暮らしの中で疲れたカラダを休ませるコツ

暮らしの中で溜まっていく体の疲れ、どうしたら回復することができるのでしょうか?

疲れる女性
(Poikei/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日々を過ごす中で、少しずつ蓄積されていく体の疲れ。溜まりに溜まって体が動かなくなる前に、小分けに回復させていくことが大切です。

疲れた体を休ませるコツを、fumumu取材班が聞いてきました。


①体が求める食べ物を

「体がスッキリしないときは、食生活を見直すようにしています。適当なものばかり食べている時期に、体に不調が出ることが多いんです。


簡単に食べられるものや、手がかからずに作れるものなど、楽な方向に考えるのも時には必要ですけど…。そんな食生活がずっと続いていると、自分が食べたくないものばかり口に入れていることがあるので。


自分の体がなにを求めているのか、ゆっくり考えるのがおすすめですよ」(20代・女性)


関連記事:「寝ても疲れが取れない…」 どんなことで解消できた?

②なによりも睡眠を

「質のいい睡眠が取れていれば、体の疲れはほとんど回復できると思うんです。朝起きて疲れが取れていないときは、寝つきが悪くなっていたり、しっかり睡眠を取れていないことが多いです。


つい夜更かししてしまったり、寝る直前までスマホをいじっていたり…。寝る前の行動は、睡眠の質に大きく関わってくると思います。


疲れているけどなにをすればいいのかわからないなら、まずはゆっくり眠ることを意識してみるのがいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)

次ページ ③「~べき」で考えない

おすすめ記事