クレープ専門店「ノカオイ」 自由が丘でハワイを感じられるスポット

東京・自由が丘にハワイアンクレープ店がオープン!

ハワイアン

2020年6月にオープンした、自由が丘駅南口から徒歩3分ほどの場所にあるハワイアンクレープ店「Crepes NoKa’Oi TOKYO」(クレープス ノカオイ トーキョー)に行ってきました。

「日本にいながらもハワイの風を感じられる」と噂の店内をご紹介します!


画像をもっと見る

■ハワイアンな雰囲気あふれる外観

ハワイアン

ハワイアンな雰囲気溢れる白壁が遠くからでも目を惹き、オープンテラスのデザインもとてもおしゃれ。

昼過ぎから夕方にかけて、テラス席は多くの方でにぎわっていました。

ハワイアン

店内には、テラス席やテーブル席のほかにカウンター席も構えています。

ハワイアン

ミントグリーンの壁とホワイトな家具が素敵なリラックス空間を創り出します。落ち着いた色合いの店内で、ゆったりと食事を楽しむことができます。


関連記事:ヒルトン東京お台場「ダサ可愛い」苺デザートビュッフェ試食レポ

■ごろごろフルーツ食感がうれしいクレープ

ハワイアン

「ラバーズ・ディライト/Lover’s Delight」(1,200円・税別)は、クレープ生地の中にイチゴ、バナナ、ヌテラが包まれたクレープ。

ハワイアン

イチゴとバナナがごろごろ入ったハワイアンクレープは、オレンジ、マンゴー、パイナップル、グァバの4種から選べる「フルーツジュース」(500円・税別)との相性もばっちり!

ヌテラの甘さとごろごろイチゴの酸味がちょうどいい一品。生クリームにつけるとさらに美味しくいただけます。

次ページ ■クレープなのにサクサク食感も楽しめる

この記事の画像(12枚)

おすすめ記事