浜崎あゆみが『M愛すべき人がいて』について言及 「大嫌いで大好き」

本家AYUがドラマについてコメント

浜崎あゆみ
(写真提供:JP News)

4日に最終話が放送された、歌手で女優の安斉かれんさんと俳優の三浦翔平さんがダブル主演を務めるドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)。

直後に本作のモデルとなった歌手の浜崎あゆみさんがドラマについて初めて言及しました。


■ついに本人から…

5日深夜、自身のインスタグラム・ストーリーズを更新した浜崎さんは「『M』最終回おめでとうございました」と祝福。

自身がドラマについて一切言及しなかったことを不安に思っている、脚本を担当した鈴木おさむさんのインタビュー記事を抜粋し、以下のように綴っています。


関連記事:三浦翔平、誕生日と撮影再開を報告 投稿にファンが反応「美玲ちゃんが…」

■「大嫌いで大好き」

浜崎さんは、鈴木さんが以前作品に関するインタビューで「僕自身が一番心配しています。めちゃくちゃ怒ってたらどうしよう…とか。ドラマについて何も語ってないことが、また興味の対象になってしまっている部分もあります。僕の妄想としては、最終回が終わった後に、インスタとかで『このドラマ、最低だけど最高!』なんてことを書いてくれたら、すべてがオールオッケー、それはないのかな~と思ったり」と発言したと紹介し、「鈴木さん、それが、ありました。ほんと最低で最高で、大嫌いで大好きでした」とコメント。

続いて「携わられた全ての皆様、お疲れ様でございました!!! 『M』よ、静かに眠れ…」と労いの言葉も寄せています。

続きを読む ■”マサ”とのツーショットも

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事