汗ばむ夏に要注意! ぽっちゃりの人だけでない「股ずれ」対策法は?

気になる人は、なる前に対策を。

股ずれ女性
(vchal/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

太ももの内側が歩く度に擦れ合ってしまう「股ずれ」は、ぽっちゃり体型の人や、よく歩く人のズボンやパンツの股間部分に穴が開いたり、太ももの内側の皮膚が炎症したりすることがあります。

とくにこれからの暑い時期には、汗ばんだり、素脚になったりするため、摩擦から股ずれになる人が増えるので注意が必要です。

 

■ならないとわからないつらさ

fumumu編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「股ずれになったことがある」かの調査を実施。その結果、23.4%の人が「ある」と回答しました。

股ずれグラフ股ずれになると、かなりつらいようです。

「股ずれを経験したことがない人には、このつらさをなかなかわかってもらえません。歩くという当たり前の動作をする度に傷むので、外出先でなったら家に帰るまで一苦労です」(20代・女性)

 

■男性に股ずれが多い理由

性別・年代別で見ると、すべての年代で女性よりも男性のほうが多い割合になっています。

股ずれ性別・年代別グラフ

男性の体が大きいので、股も擦れやすいのでしょう。

「うちの夫はずっとスポーツをしてきたので、全体的に筋肉質な体なんです。太腿も太いので、歩いていると擦れて痛くなるって言っていました」(20代・女性)

 

「中年太りが深刻になってきてから、股ずれが気になるようになりましたね。昔は、そんなこと一切なかったのに…」(30代・男性)

 

■ワセリンで対策

もちろん股ずれは、男性だけのものではありません。

「私は標準体重をかなり上回っているので、夏場は要注意ですね。太腿の内側が汗で擦れやすくなり、ヒリヒリしてきます。

 

一度、血が出てきたときには、泣きそうなくらい痛かったですね。もう何年も、夏にスカートは履いていません」(20代・女性)

 

激しい運動が原因の場合も。

「彼氏の影響でランニングを始めてから、初めて股ずれを経験しました。ワセリンを塗ると摩擦が軽減されると、ランナーにとっては必需品だそうです。

 

男性はウェアと乳首が擦れて痛くなるので、ワセリンを塗るらしくて…」(20代・女性)

 

去年より太った人は、この夏は股ずれを気にしたほうがいいかもしれません。

・合わせて読みたい→整形ってどう思う? 男女間・世代間の意識の差は埋まらず

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!