木下優樹菜、「タピオカ騒動」から9カ月… 活動再開を報告

活動を自粛していた木下優樹菜さんが、再スタートすることを報告しました。

木下優樹菜

活動を自粛していたタレントの木下優樹菜さんが、自身のインスタグラムで活動の再開を報告しました。


■昨年10月“タピオカ騒動”

昨年10月、木下さんは実姉が勤務していたタピオカ店のオーナー夫妻に対し「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」など、脅しともとれるダイレクトメッセージを送っていたことが明らかになり“タピオカ騒動”と多くの非難が寄せられました。

その後、「私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」「今後は自分の芸能人という立場をしっかりと考え、発言には十分注意していきたいと思います」と、謝罪の言葉を残しました。


関連記事:木下優樹菜、沖縄でビール三昧? お揃いワンピの親子3ショットも話題に

■11月、活動自粛

11月には、「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います」と、木下さんの所属事務所が本人のコメントとともに活動自粛を発表しました。

その後、木下さんのインスタでは、昨年12月31日にお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史さんとの離婚・親権は自身が持つことを報告。以降、更新されることはありませんでした。

次ページ ■最後の投稿から半年

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事