寝る前にお菓子をモグモグ…罪悪感を感じながらもついやってしまうこと

罪悪感を感じながらも、ついやってしまうことはないでしょうか。後ろめたさが快感になるのかもしれません。

②昼間からお酒を飲む

「私はお酒が好きで、家でも一人で飲んでいるんです。休みの日には、お昼から缶チューハイを飲んでいます。さすがに昼から飲むのは、少し罪悪感があるのもたしか。


しかし飲みたい気持ちが勝ってしまい、『1本だけ』と手をつけます。ただ飲み始めると、1本だけでは我慢できません。次々と缶を空けてしまい、昼間からほろ酔い状態です。


休みの日の楽しみが、お酒を飲むことになってしまっていますね」(20代・女性)


関連記事:「不安なニュースばかりで疲れた…」 落ち込んだ気持ちをどう回復する?

③友達にのろけ話をする

「仲のいい友達の中で、彼氏がいるのは私だけなんです。そのため、あまり彼氏の話をしないようにしています。しかしときどき我慢ができずに、のろけ話をしてしまうこともあるんです。


きっと友達は嫌な気持ちでいると思うので、のろけ話はもう少し控えたいと思っているのですが…」(20代・女性)


罪悪感を感じていても、やめることはできないようですね。

・合わせて読みたい→彼女の言動で罪悪感が…男子が浮気を後悔した瞬間

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事