相性の良い人は3回目までのデートでわかる? その理由を聞いてみた

3回目のデートで相性がわかる理由とは?

別れ
(Motortion/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

婚活する場合に、デートは3回までと決めている人が多いようです。そこで、fumumu取材班は、3回目までのデートで相性の良い人がわかると思う理由について聞いてみました。


①自分をさらけ出せる

相性の良い人は早くからわかり、3回目で確信に変わるそう。

「相性の良い相手とは、早ければ目があった瞬間理解しあっていることがあります。良くも悪くも会った瞬間ピピッとなる。そんな相手には、ついつい本音を話してしまいます。


『こんなことを話して理解してもらえるかな?』と思いつつ、自分を知ってもらいたくてカミングアウト。3回目のデートでは、幼い頃からの夢とか、コツコツ続けてきた趣味の話なんかもできると思います」(40代・女性)


関連記事:決め手に欠ける? 数回のデートでフェードアウトされる女子の特徴

②ダラダラしても…

相性が良いのかわからず、3回以降もデートを続けることがあった女性の経験は…

「相性って直感的な要素が大きい気が。慎重に見極めるとしても、3回目までで『この人!』と思わなかったら、だいたいダラダラ続けても交際には至らないか、付き合っても続かないものです。


できれば、会うたびに違う目線で相手を評価するのがおすすめ。人間として、男性として、家族としてどうかなど…。いろいろな側面を想定すると、見えてくることもあるかもしれません。自分が男性に求める優先順位を考えて、立場を変えて観察してみましょう」(40代・女性)

次ページ ③習慣はかわらない

おすすめ記事