自分でセーブしているのかも? 「やりたいこと」が見つからない3つの理由

「やりたいこと」が見つからないのは、無意識に自分がセーブしているのかもしれません。

考える女性
(allensimam/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

好きなことをしている人を、「いいなぁ…」と羨んではいませんか? もしかしたら、自分のやりたいことを、自分自身がセーブしているのかもしれません。

「やりたいこと」が見つからない理由を、fumumu取材班が聞いてきました。


①最初から諦めている

「なにかを始める前から、『どうせ無理だろ』と諦めている人も多いんじゃないでしょうか。本当にやりたいことを諦めていると、なかなか他に目が向かないと思います。


もし形にならなくても、得られることはあると思います。やらないままだと、どんどん夢が美化されて、身動きが取れなくなってしまうこともあるので…。


やってみたら、意外と向かなくて気持ちが冷めた経験もあります(笑)。『とりあえずやってみる!』くらいの気持ちでスタートしてもいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:嫌なことをさっさと忘れたい! 記憶から追い出すいい方法はある?

②人目を気にしている

「学生時代に、本当は気になっているのに、周りからどう見られるかが怖くて、チャレンジできなかったことがありました。


やりたいことが見つからない人は、周りから褒められそうなもので考えていて、選択肢が狭まっているんじゃないでしょうか。周りの評価を気にせずに、興味があるなら手を出してみたほうがいいと思います。


私も、社会人になってやっと、諦めていたことを習い事として始めることができました。仕事に繋がるかわからなくても、まずは試しに初めてみることが大切だと思います」(20代・女性)

次ページ ③気づいていないだけ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事