無印良品の元祖タイカレー「ゲーンパー」は超スパイシーで激ウマ!

聞いたことない名前のカレーだ…

カレー

6月10日から、『素材を生かしたカレー ゲーンパー(森のカレー)』(350円・税込)が全国の無印良品とネットストアで新発売されています。

発売前からTwitterを中心に話題となり、発売当日は銀座店で売り切れたという大人気の新作タイカレーをfumumu取材班も食べてみたいと思います!


画像をもっと見る

■元祖タイカレーはココナッツなし

今回新発売されている「ゲーンパー(森のカレー)」は、タイカレーの原型になったと言われているカレーです。発祥地がココヤシの収穫できない土地であったことから、タイカレーに必須のココナッツミルクが使用されていないんです。

だからこそ、唐辛子やスパイスの素材そのものがしっかりと感じられる、すっきりとした味わいのカレーになっているそう。

口コミではかなり辛いということだったので、覚悟して挑みます。


関連記事:ファミマ新発売の「スフレサンド」 コーヒーとは合わないことが判明?

■ジャスミン米もハイクオリティ

カレー

せっかくならジャスミン米で食べたい! と思い、ゲーンパーと一緒に購入した『ジャスミン米』(390円・税込)。袋から出した瞬間、華やかなジャスミンの香りがふんわり。

割れやすいためこすり洗いはせず、すすぐ程度でOK。2~3回すすいで炊飯器に入れればあとは待つだけ。水の量はパッケージの裏にある分量を計って入れてくださいね。

カレー

炊き上がるとこんな感じ。香りがさらに強くなり、白米とは異なり粘り気が少ないのであっさりした口当たりです。ひとつひとつ粒立っていて、お店クオリティのジャスミンライスになりました!

次ページ ■超スパイシーな香り

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事