日本女子大、トランスジェンダーの受け入れを2024年から実施予定

日本女子大でも、トランスジェンダーの受け入れ準備が行われています!

LGBT
(taa22/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

数年前から「日本女子大」では、出生時の性と性自認が異なるセクシャルマイノリティ・トランスジェンダーの受け入れについて検討されてきましたが、19日に2024年度から受け入れる方針を固めました。


■お茶の水女子大では…

2019年には、「お茶の水女子大」が2020年からトランスジェンダー学生(戸籍またはパスポート上男性であっても、性自認が女性である人)の受け入れを開始。

受け入れに関する学生生活上のガイドラインを策定し、ガイドラインに当てはまり入学を希望するトランスジェンダーは事前に入試課に申し出ることで受験が可能となりました。


関連記事:親との決別も…トランスジェンダーがツラかった場面3つ

■日本女子大でも

2024年からは、「日本女子大」がトランスジェンダー学生(戸籍上が男性でも女性として自認している人)の受け入れをするとして方針を固めました。

実施が4年後になる理由は、「全ての学生が入学時に、トランスジェンダー学生も共に学ぶと理解していることを重視するため」としています。

昨今、様々なセクシャルマイノリティがあることを受けて、「『女性』を再定義し、トランスジェンダーの方もこの定義の中で共に学んでいただくこととした」と説明しました。

続きを読む ■「いい流れ!」

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

おすすめ記事