明石家さんまが山Pに送った言葉「人生は2択」が話題に 視聴者からの反響続出

山Pに向けられた言葉が胸に沁みた人多数。

明石家さんま
(写真提供:JP News)

俳優の山下智久さんが14日に放送された『行列のできる法律相談所 3時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演。

一時期、芸能界を辞めようと思っていたという心境を吐露しました。

そんな中、MCを務める明石家さんまさんが放ったアドバイスに「さんまさんってやっぱり凄い」「言葉が染みた」と反響が集まっています。


■心の折れる瞬間

この日の放送で山下さんは、20年ちょっとの芸歴を経験すると、何度か「心の折れる瞬間がある」と告白。尊敬するスターの一人であるさんまさんに、「モチベーションをどのようにキープしているのか」と質問しました。

今では日本だけにとどまらず海外でも活躍を見せる山下さんですが、芸能活動の中で壁にぶち当たることは多々あるそうで、東野幸治さんに「辞めようと思ったことはあるの?」と聞かれ「あります、あります」と即答。


関連記事:下品だと言わないで…個性的すぎる特徴的な笑い声に悩んだ経験談

■人生は2択

そんな山下さんの相談に対し、さんまさんは人生は「やりたい、やりたくないか」「仕事したいかしたくないか」等の二択で成り立っているとコメント。

「御託を並べる」という単語を同音の「5択」に例え、選択肢が沢山あると「どれにしよう?」という気持ちになってしまうことから、シンプルに「今何をやりたいか」と考えるのがおススメであると語っています。

同時に「芸能界辞めたいのか? 辞めたくないのか? 辞めたくない、なら辞めないでおこう! だけのことやねんな。それが一番手っ取り早い」とのアドバイス送りました。

次ページ ■「悩む必要はない」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事