水辺にすむアノ生き物が体に侵入 梅雨~夏にかけて注意を

女児の体に恐怖の生き物が「侵入」?

泣く女の子
(ziggy_mars/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

微笑みの国・タイでは4月中旬から10月まで、およそ5か月間が雨期。

日々のスコールには現地住民も慣れっこですが、近日雨にまつわる恐ろしい事件が発生し、注意喚起が出されています。

その原因は「蛭(ヒル)」だそうですが、一体何が起こったのでしょうか。


■アソコにヒルが…

事件が知れ渡ったのは、タイのフェイスブックユーザー・Napaporn Thanawongさんが投稿した一枚の写真がキッカケ。

投稿では、4歳になったばかりの女の子の陰部にヒルが入り込み、彼女は痛さで泣き叫んだこと、幸い医者にかかった後体調はすぐによくなり、命に別状はないことが説明されました。

ただし、完治したわけではなく、現在も止血のためオムツ履かなければならないそうで血のついたコットンが事の重大さを語っています。


関連記事:湖で溺れたのは事故? それとも殺人? 報道に疑問の声が殺到

■一体どこから?

彼女は普段からズボンをはくことが多い子で、スカートをはいたとしてもレギンスなどを併せていた様子。その上最近は新型コロナウイルスの心配もあり家にいる時間が多かったことから、いつどこで蛭が侵入したか全く見当がつかないとのこと。

恐ろしいことに外傷は一切なく、彼女が痛さのあまり泣き続けなければ、両親はこの「侵入」を知ることも無かったかもしれないのです。

続きを読む ■毒性はないものの激痛

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事

関連キーワード