UUUMから相次ぐYouTuberの退所 理由を所属クリエイターが分析

木下ゆうか、エミリン等、有名YouTuberの退所が相次ぐUUUM。その理由を現在も所属するトミックが分析しました。

YouTube
(pressureUA/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ヒカキンさんやはじめしゃちょーさんなど、多くの人気ユーチューバーが所属していることで知られる、国内トップのユーチューバー事務所「UUUM」。

しかし、一方で近年は退所が相次いでおり、エミリンさん(登録者数137万人)や、マリリンさん(登録者数75万人)などが6月1日に退所を報告。2月には2014年から所属していた木下ゆうかさん(登録者数548万人)も退所を報告しています(数値はすべて6月9日時点)。

内外でも話題にあげる人も多いこの件について、現在もUUUMに所属する料理系ユーチューバー・トミックさんが言及しました。


■マネジメント料は「どこも変わんなかった」

「今まで隠してた真実を全て話します」とのタイトルでアップされた今回の動画。今まで語られることが少なかったUUUM前の時代(吉本興業のマルチチャンネルネットワークに加入していたとのこと)などが明かされつつ、UUUMから退所者が相次いでいる件について触れていくことに。

ネット上では、広告収入の20%がマネジメント料として事務所に支払う必要があることが、退所者増加の原因と推測する声も多いですが、トミックさんは「結局、MCNだったらどこも変わんなかった」と、UUUMだけが特別高かったワケではないと語ります。


関連記事:宮迫博之、YouTube登録者数100万人を目前にかわいい公式サイト設立

■新入りは「なんとなく入る」

そして、トミックさんは最近UUUMに加入するユーチューバーたちについて「最近の子たちって、とりあえずなんとなく入るじゃない?」と持論を展開。

「なんとなく、目的も目標もなく入ってるから、自分の思うようにいかなかったりすると『辞めます』っていうのが出てきているんじゃないかな」などと述べます。

次ページ ■UUUMは「マルチな人が強い」

おすすめ記事