空から降ってきたレンガが頭部に命中し死亡 「犯人」は6歳児

空から落下したレンガに命中…。救急車で搬送されるも帰らぬ人に

■犯人は6歳の少年

通報を受けた警察は早速レンガのありかを捜査。すると、この「殺人犯」はなんと6歳の少年であることが発覚します。

少年は以前、割れ欠けていた歩道から後に凶器となるレンガを取得しており、その後彼が住む25階の窓からなんとなく投げ捨てたことから不幸な事件に繋がってしまったというのです。

投げた方も投げた方で、人に当たるとは全く思っていなかったことが予想されます。


関連記事:79歳の母親を生き埋めに ひどすぎる行為に衝撃

■事故対策は無し?

近隣住民によると、この地域は以前から落下物による事故が頻発していたにもかかわらず注意書きなどの対策を全く行っていなかったそう。

被害にあった男の子の家族は悲しみに暮れ、この6歳の少年を訴えると息巻いていることがわかりました。

以前、ベランダから投げたリンゴが散歩中だった乳児に命中し、裁判で「過失あり」とされた少女の件を見ても、被害者家族は勝訴する確率が高いと思われますが、子供の命はどうあがいたって戻りません。

増え続ける事故の再発を防止するためにも、何かしらの規制が必要になってくるのではないでしょうか…。

・合わせて読みたい→湖で溺れたのは事故? それとも殺人? 報道に疑問の声が殺到

(文/fumumu編集部・AKO
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事