総務省、ネット中傷による被害者が加害者の個人特定を容易にする方針を示す

誹謗中傷を受けた場合に、電話番号が開示請求できる方針が示されました。

■「誤認定されないのもまた大事」

世間からも、「被害者を守るのも大事。加害者として誤認定されないのもまた大事」「どこまでセーフでどこからアウトか誰が決めんの?」と、誹謗中傷の認定について気にする声が続出。

しかし、「身バレしないからと歯止めかかってなかったところにブレーキはかかる 一定の効果は期待できる」「反論や批判はまだわかるけど、いきなり脅迫や暴言を投げる輩もいるし賛成ですね」と、効果を期待する声も多く見受けられます。

まだまだ多くの課題が残っていると思いますが、匿名だからと軽率に誹謗中傷をする人がいなくなることを願っています。

・合わせて読みたい→はあちゅうなどブロガー、悪質アカウントが続々と消失 「証拠残してました」

(文/fumumu編集部・Amy
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事