付き合って3年… 結婚するカップルと別れるカップルの違い

交際期間3年で結婚するカップルと別れるカップルの違いとは?

結婚
(saiva/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

交際して3年というのは、すれ違いが生じやすい時期だと言われています。結婚するか別れるかの分かれ道とも言えるでしょう。

fumumu取材班は、うまくいくカップルとそうでないカップルの違いを聞いてみました。


①未来をイメージしてきたか

3年というのは飽きがくる時期だと言われることも。そこから結婚となったカップルの妄想とは?

「仲良く長く付き合って、もうすぐ結婚するのかなというカップルを会社でいくつか見てきました。結婚までこぎつけたカップルは、このまま一緒にいられたら『いつかこういう所に住みたい』とか、『もし結婚したら外食やめさせるから』とか、幸せな未来を妄想していた気がします。


別れるカップルはすごく盛り上がってるんですが、瞬間をとにかく楽しんでいるタイプに見えましたね」(40代・男性)


関連記事:冷却期間を設けて… 別れなかったカップルはその後どうなった?

②将来を想像できるか

今は楽しくて幸せでも、将来も同じように過ごせそうかどうかが分かれ道のようです。

「夫と結婚の話が出たのは付き合ってちょうど3年がたった頃でした。お互いのこともよくわかり将来について考える年齢になったことが大きかったです。『この人となら生涯一緒にいて穏やかに幸せに暮らせそうだな』と思ったので結婚しました。


でも友達は、3年間付き合った彼と『今は楽しくても将来を思い描くことが出来ない』と言って別れていました」(30代・女性)

次ページ ③程よい距離感があるか

おすすめ記事