ナイナイ矢部、声をかけてきた女性が… 赤っ恥体験に「恥ずかしい!」

ナイナイの矢部さんが、恥ずかしいエピソードを語りました。

矢部浩之
(写真提供:JP News)

お笑いコンビ・ナインティナインの矢部さんが、プライベートでの恥ずかしいエピソードを明かしました。見たことのない矢部さんに岡村さんが驚く場面も。


■『ANN』収録放送

今月14日から、『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、5年ぶりに番組復帰をした矢部さん。28日放送分からは、収録放送となったことも話題になっています。

番組内では、リスナーから2児の父でもある矢部さんへ「子供たちに関西弁で話しますか?」という質問を紹介。これには、「俺、家で標準語やねん」と、初出し情報を恥ずかしそうに告白。


関連記事:ベビーシッターが13歳の少年に性行為を強要し妊娠 その後の行為にあ然

■家では子供にイジられる

「我流やねんけど」と、芸能界で関東の人たちの言葉をマネしたイントネーションだそうですが、注意する場面でも「あかん!」ではなく、「ダメよ!」「ダメ!あぶない!」と言っているとか。

さらに、子供たちには標準語で話すようにしてる矢部さんも妻でフリーアナウンサーの青木裕子さんと話す時には、「それはええんちゃう」など関西弁も出るそう。

これを聞いた子供が「ちゃうってなんだよ!」とイジられていることも明かしました。仕事では共演者をイジり倒している矢部さんだけに、岡村さんも「矢部氏が家でイジられてる。子供に」と、驚愕。子供にツッコまれてタジタジしている矢部さんも見てみたいはず…!

続きを読む ■女性に声をかけられ…
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事