ブルーインパルス、医療従事者などに感謝し飛行 「鳥肌立った」

ブルーインパルスに感動する人が続出しています。

ブルーインパルス

29日の12時30分〜13時ごろまで、医療従事者などに対して感謝・敬意を示すため「ブルーインパルス」が東京上空を飛行しました。

興奮する人が多く、カメラを片手に構える人や感謝の思いを伝える人が多く見受けられます。


■ブルーインパルスによる飛行

航空自衛隊は、新型コロナウイルス感染症に対応している医療従事者などに対して敬意・感謝を示すため、アクロバット飛行を披露する専門チーム「ブルーインパルス」による飛行を実施。

「東京都区部を2周、飛行します。1周目はデルタ隊形、2周目はフェニックス隊形です」と、東京上空を飛行し、航空自衛隊公式ユーチューブチャンネルでもライブ配信を行いました。


関連記事:働く人へ感謝を… 「GratefulForTheHeroes」に賛否

■6機+1機が飛行

12時40分からの打ち上げで、30分から「準備中」としてライブ配信。すでにコメント欄が高速で流れるほど、期待している人が多くいました。

途中、画像の不具合などもあり心配する人が多かったものの、飛行機雲の軌道はなんとか確認。コメント欄で各地の通過情報が流れていました。

航空自衛隊のYouTubeの画質があまり良くなく、途中ブラックアウトしてしまったので、他のTVに移行したりとと工夫しながら楽しむ人が多かったよう。6機がスモークを出しながら、綺麗に並び飛行し、そこに1機が加わりスモークを出さず後を追っていました。


■「鳥肌立った」

あまりの美しさに、「かっこよすぎ!!! 鳥肌立った!!!」「飛んでる青い6機は目に焼き付けた」と感動する声が続々。SNSでは、自身が撮った写真や動画を共有する人も。

「​真上を飛んでいってくれた!!! 手を振って感謝しました!! 医療従事者の皆様、空自の皆様ありがとうございます!」「ありがとう医療従事者やエッセンシャルワーカーの皆さん」「勇気を与えてくれる素敵な企画をありがとうございました」と、医療従事者などや「ブルーインパルス」に感謝の旨を綴る人も多く見受けられます。

めちゃくちゃかっこいい飛行! 生で見られた人は感動もひとしおですね。

・合わせて読みたい→厚生労働省、医療従事者への心無い事例を報告 「人権侵害になることも」

(文/fumumu編集部・Amy

Amazonブラックフライデー最終日!

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事