柏木由紀、アイドルとファンの関係性に言及 「人格を否定されたような…」

柏木由紀さんが、アイドルとファンの関係性に言及しました。

柏木由紀

AKB48の柏木由紀さんが、22日にファンとアイドルの理想の関係性について言及しました。


■同担拒否について

自身のYouTubeチャンネルで、柏木さんはファンからもらったというパジャマを着用して質問に答えていきます。「同担拒否のファンのことをどう思いますか?」と、同じ推しアイドルに対しての嫉妬などに関しての質問には、「わからなくもない」と理解を示します。

柏木さん自身も、アイドルのコンサートで近くに”同担”がいるか確認していたことも明かしました。

しかし、アイドル側の意見としては、同担がいっぱいいる方が、ソロでコンサートができるから良いんじゃないか、「こっち側としては仲良くしてほしいな」「自分のファン同士が仲がいいのは嬉しい」と心情を吐露しました。


関連記事:柏木由紀、「オトナ女子」を目指しイメチェン中? ファンの間で憶測も

■ファンとアイドルの関係性

続けて男性からの相談も紹介。この男性が推す女性アイドルは、もともとアイドルオタクだったとか。アイドルグループ「モーニング娘。」のファンだった柏木さんが、アイドルになった…と同じ経緯のようです。

この男性は「最近外見がどんどんやんちゃになり、(推し)本人の理想のアイドル像とやりたいことが相反してきている」「正直、どうなりたいのかわかりません。ファンとしてはどうあるべきですが」と、柏木さんに投げかけます。

この質問に、柏木さんは「耳が痛いよ…」と苦笑。「一生黒髪とか言っちゃってたし。本当にその時はそう思っているのよ」と回顧し、人間は成長するため可能性を広げたくなると説明しました。

そして、今回の質問は“相反してきている”とのことなので、例えば「王道アイドルをしたい」と言っているのに、金や茶髪、奇抜なカラコンやメイクをしていると想定して、「いいじゃん!」とバッサリ。

ファンの「もっとこうした方がいい」という話はすごくありがたいものの、言葉によっては人格を否定されたような気になってしまうことを明かしました。そのため、「ファンなら全部受け入れた方がいいよ、とも言わない。それも違うと思う」「自分が好きだったアイドルじゃないなぁと思ったら、違う人を見つけたらいい」と持論を展開しました。


■伝え方1つで感じ方が変わる

自身のツイッターでは、「『黒髪に戻してよ』と言われるのと 『黒髪が好きだなぁ』と言われるのでは感じ方が違うっていうお話」と、伝え方一つで印象が違う…とユーチューブの内容を補足。

そして、「ファンとアイドル。 お互いが楽しくやれるのが一番!  そして信頼しあえる関係性を作っていけたら幸せだと思うんだ〜」と投げかけました。

本当に「これがいいんじゃないかな…」と思った時は、本人を否定したような意味合いに取られないか注意を払いながら、「これが似合う」「これが好き」とポジティブに伝えたいですね。

・合わせて読みたい→AKB48柏木由紀、道中でつきまとわれ困惑 「もう12年やってます」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事