しみけん、性感染症の無症状の怖さに言及 プレイ別感染経路も公開

しみけんさんが、感染症の恐ろしさについて綴っています。

しみけん

AV男優のしみけんさんが、20日に性感染症などについて言及。プレイ別の主な感染経路や無症状の恐ろしさを説明しました。ファンからは改めてコンドームが大切だとするコメントが続々と寄せられています。


■プレイ別の主な感染経路

しみけんさんは、「奥深き性の世界」として、プレイ別の主な感染経路が説明された図表をアップしました。それによれば、キスや咀嚼プレイは唾液感染や接触感染、血液感染が多い模様。

エッチやお尻を使ったエッチは接触感染、経口感染、血液感染があり得るとか。また、お尻に液体を注入する浣腸プレイは経口感染のようです。

他にも、「口縄」「針や釘を指す」「噛みつき」などマイナーなプレイもたくさん載っていて、プレイのバリエーションの豊富さに驚かされます…。


関連記事:しみけん、避妊しない人との恋愛に「不幸の始まり」 ゴムありが気持ちいい

■「性病は無症状も多い」

加えて、しみけんさんは「性病は無症状も多い」ことを言及。「マスクはするのに、 コンドームはしないって人が多い。症状がある病気はまだ親切」と、気づかず病気を抱える悪質さについて綴り、「マスクをするのと同じくらい。コンドームで性感染症予防を」と、新型コロナウイルスと同じく無意識に人にうつす可能性があるため、徹底した予防をするように呼びかけました。


■「つけるのは大人のマナー」

ファンからは、「それぞれどんな感染をする可能性があるのかも勉強しないとですね」と、図解を参考にする声とともに、「つけるのは大人のマナーだと思ってます」「避妊しないと怖い。ピル飲んでるの知っててもビビるけど」とコンドームの大切さについて共感する声が続々。

「100%コンドームをする派ですが梅毒にはなったことあります」と、コンドームだけでは防ぎ切れないことがあることに言及するコメントも見受けられます。

性病は無症状もあるため、知らぬうちにパートナーにうつしてしまうことがあります。不調を感じた時やパートナーが変わった時、さらには妊活をする時は性病検査を受けるのがマナーと言えるかもしれません。


★プレイ別感染経路の図解はしみけんさんのツイートをチェック!

・合わせて読みたい→しみけん、AV業界の変化を明かす「男優蟹工船時代」「デビューラッシュ」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事