一人称で差がある? 「俺」と「僕」で感じた彼の性格の違い

「俺」と「僕」。一人称で感じ取る性格の違いとは?

腕組みする男性
(Deagreez/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男性の中には、自分のことを「俺」という人と「僕」という人がいますよね。仕事関係では「私」や「僕」というのは当たり前かもしれませんが、プライベートでの呼び方で傾向があるのだそう。

fumumu取材班は詳しく話を聞いてみました。


①負けず嫌いかマイペースか

一人称は、相手や場所によって使い分けますが、主に使っているもので性格の違いの傾向がありそうです。

「”俺”を使っていた彼は、人にナメられたくないという思いが強く、中身に自信がない、甘えん坊で負けず嫌いな性格でした。自信がないから”俺”という強い一人称が必要だったのかもしれません。


一方で”僕”を使っていた彼は自信家。でも、いい大人が”僕”というのも少し違和感がありますのでマイペースな人なかも。 “俺”と”僕”、言葉のもつイメージと実際の性格は逆なのかもしれないと思いました」(30代・女性)


関連記事:楽しい人だと思ったけど…明るい性格の男子にありがちな地雷

②自信があるかないか

「俺」と呼ぶタイプはどこか俺様主義の雰囲気があり、「僕」と呼ぶタイプは自信の無さが目立つんだとか。

「過去に付き合った人で、自分のことを”俺”と言う人はどこか自分に自信があって格好つけているタイプが多かったです。付き合う彼女に対しても『ついてこい』という雰囲気がありました。


“僕”という人はとても誠実でしたが、少し自信が無さそうな雰囲気が漂っていたように思います。やっぱり一人称の呼び方によって性格の差が表れると思います」(20代・女性)


③ナルシスト的か控えめか

自分のことを「俺」という男子と「僕」という男子。文字で見れば小さな違いだけれど、性格は大きく違うようで…

「自分のことを”俺”という男子、”僕”という男子、両方と付き合った経験があります。”俺”か”僕”か、たったそれだけの違いなんですが、性格は全く違いましたね。


“俺”派の彼は自分に自信があって、とにかくナルシスト。”僕”派の彼は、控えめで物静かなタイプでした。でも、意外に論理的な人が多かったかも。呼び方によってこんなに違いがあるなんて面白いですよね」(30代・女性)


ただ呼び方が違うだけで、雰囲気が全く違うのは面白いですよね。

・合わせて読みたい→小心者から抜け出したい! 怖がりな性格を克服する3つの方法

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事