志村けんさんの愛車をファンが購入 「付き人の退職金代のため」売却 

志村けんさんの愛車がファンに購入されました。

志村けん

3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさん。親族は、志村さんの愛車の買い手をディーラーを通して募集し、ファンが引き継いだことが明らかになりました。


■所在がわかると有名な愛車

志村さんは、2007年に購入したイギリスの高級車ロールス・ロイスの中でも最高級な「ファントム」が愛車でした。

志村さんは夜の街、麻布十番や六本木周辺にいることが多かったですが、個性があり多くの人が乗りこなせない高級車を乗っていたため、車が停車しているだけで志村さんの所在がわかったとも言われていました。


関連記事:同性恋愛をする人が使う「ネコ」「タチ」「バリ」などの意味とは?

■ファンが購入

愛車は、黒くて長い、アンティークを思わせるデザインもの。今回、これを売却する理由としては、「志村けんさんの付き人の退職金代のため」。

新品では最低でも5,000万〜6,000万円。中古でも市場価格は1,000万円前後とみられているそうです。

この車を購入したい人は多く、10人以上が名乗りを上げました。詳細は不明ですが、購入したのは、志村さんのファンである男性であるkとが報じられました。


■「大切にして下さいますよね」

ファンからは、「ファンの方なら、大切にして下さいますよね。付き人さんの退職金としてなら、志村さんも 喜んでらっしゃいますよ」と販売経緯と購入者の情報を聞いて安堵する声や、「何世代も人から人に乗り継がれて欲しいなぁ…」「あー、ゆくゆくは志村記念館とかできて寄贈されそう」と、その後について想いを馳せる人が多く見受けられました。

多くの人にとって思い出深い車が、新たな人に渡り大切に使われることを願っています。

・合わせて読みたい→ブルゾンちえみ、速水もこみちとツーショットに「新婚さんみたい」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事