鬼龍院、時刻を伝えるだけの24時間動画を公開 「気が狂う準備を」

鬼龍院さんが24時間時間を数えるだけの企画を行いました。

鬼龍院翔

15日、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが、「起床のために現在時刻を伝え続ける24時間動画無限ライブ配信」をYouTubeで配信し話題となっています。


■クレイジーな企画続々

これまで、ただ焚き火を眺める動画や、安眠のために10時間かけてひたすら羊を9,000匹数え続けるだけの動画など、クレイジーな動画をアップしてきた鬼龍院翔さん。

14日には、「テレワーク時代でもビジュアル系バンドマンが急な配信に対応できるメガネ作った」と、伊達眼鏡にビジュアル系の目元の写真を貼り付けたアイテムを着用したシュールな写真をアップしました。

ファンからは、グッズにしてほしいという要望が多数寄せられたそうで、「壊れやすい素材になりそうだからその分意外と高くなったりとかしないかな…」と、グッズ制作において価格問題があることを説明しつつ、相談してみるとのこと。


関連記事:鬼龍院翔、6年ぶりにツイッターを開設 「傷つくことが多かった」

■24時間時刻を数えるだけ

15日には、「羊を数える動画をアップしてから3週間が経ちました。ファンの皆さんよく眠れているでしょうか、、」と振り返りつつ、「気が狂う準備をしておいて下さい(悪い意味で)」と何やら怪しい予告をした鬼龍院さん。

ファンの”安眠”を願っていた鬼龍院さんは、焚き火の動画や羊を数える動画などをアップしていました。しかし今回「いざ起きなくてはいけない時間になったときに起きられるための動画が必要との考えに至った」と、新たな閃きがあった模様。

結果「実際にその時間に起きてアクセスをしなければ聞けない声がある」 という状況を作り出すために、ひたすら24時間時刻を数えて伝えるだけの動画をアップしました。


■「ゲシュタルト崩壊する」

「隠しで『どこかにセリフが…』とかもありません」と伝えられている通り、数えること以外何もしていないことがまたクレイジー。

ファンからは、「よくこんな企画思いつくなぁ…」「まじゲシュタルト崩壊する」と、喜びとともに狂気を感じたコメントが続々と寄せられています。

ファンの安眠を願い、起床のことも考えて24時間を数える。クレイジーで大きな愛情が多くの人に届いているようです。

・合わせて読みたい→キンコン西野、ユーチューバー・ラファエルの年収に驚愕 「5億ぐらいは」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事