急増中! コロナ鬱の原因とシンプルな対処法

恐怖や不安など、コロナ鬱の「原因」はさまざま。しかし、その対処法は意外とシンプルです!

落ち込む女性
(torwai/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

最近、コロナ鬱を訴える人が急増しています。気持ちが滅入る、何をしていても楽しくない、不眠が続いて体がだるい…など、思い当たる節がある人は多いのではないでしょうか。

そこで、fumumu取材班が、コロナ鬱の原因とシンプルな対処法について、経験者たちに詳しい話を聞きました。


①コロナに感染するのが怖い

「『目が痒い…もしかしてウイルスが入った?』『喉が痛い…コロナかも?』『微熱がある…感染した』と、コロナに感染することばかり心配していたら、何に対してもコロナを疑うようになり、疲れ切ってしまいました。


だから、思い切って、コロナ関連のニュースを見るのをやめました。不安が解消されたわけではありませんが、コロナについて考える時間が減ったことで、少しは気持ちが楽になりました」(20代・女性)


関連記事:批評家・東浩紀、コロナ長期化を予想 「今後1年くらい…」

②生活できなくなりそうで不安

「コロナショックを受けて、仕事の契約更新がなくなってしまいました。正社員ではないため、失業保険を受けることもできず、今は何とかバイトで食いつないでいる状況です。


でも、SNSで、ウーバーイーツ三昧している友だちや、テレワークで普通に仕事ができている知人を見ると、私のような人は、このままでは生活できなくなりそうで不安で…。


今は、周囲の状況と自分を比べて必要以上に落ち込まないように、SNS断ちしています」(20代・女性)


③一人暮らしの孤独が辛い

「外出自粛で実家にも帰れず、一人暮らしの孤独が身に染みる…。そんな時は、好きなことを思いっきりやるのが一番かもしれません。ただでさえコロナで色々なことを我慢しているんだから、これ以上、我慢する必要なんてない!


私は、太るのが怖くて我慢していたドミノ・ピザの『ウルトラ・チーズ(1kg)』を食べたり、大好きなドラマ『初めて恋をした日に読む話』の原作漫画全巻を大人買いして読み漁ったりするなど、一人で楽しめることを開拓中です!」(20代・女性)


これからは、「withコロナ」の時代です。これらの対処法を参考に、コロナとの上手な付き合い方を考えたいものですね。

・合わせて読みたい→バイトル、経済支援を実施 「収入確保の不安が少しでも緩和」

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事