12歳の少年を未成年の少女が乱暴? ただれた関係性に物議

犯人は未成年の少女

スマホを触る
(Ja’Crispy/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

近日、ノルウェーにて19歳と17歳の少女が性犯罪を働いたと報道されました。被害者はなんと12歳の少年。少女たちは何故この様な罪を犯してしまったのでしょうか。


■12歳の少年を連れ出し…

現地メディアの報道によると、二人の少女は「心理カウンセリング」という名目で12歳の少年を家に呼び寄せたそう。当時、少年の横には15歳の少女が付き添っていたそうですが、彼女は部屋に呼ばれなかったとのちに証言しています。

少年を部屋に入れた二人は、そこから性行為を開始。同時に行為をスマホカメラで撮影し、外で待っていた15歳の少女に見せびらかしたことがわかっています。また、映像は翌日インターネットにもアップされたとのこと。


関連記事:13歳で妊娠、相手は10歳の少年… 医者は「ありえない」と困惑

■学校に通報される

2日後、一部始終に耐え切れなくなった15歳の少女は二人の性犯罪を学校の先生に告白。学校からの通報で警察が出動する騒ぎとなりました。

被害者である12歳の少年は「自分は強制されたり脅されたりして、彼女たちと性行為をしたわけではない」と供述しています。しかし、ノルウェーの法律では14歳以下の児童と性行為をした場合、同意があったとしても「性犯罪」とみなされてしまうのです。

故に行為を行った少女2人は刑罰を受けなければなりません。


■裁判所は性犯罪であると認定

当初、2人は3年の懲役刑が下される予定でしたが、その後の裁判で19歳の少女は2年8か月、17歳の少女は犯行時が18歳以下の未成年だったということで、少年院に等しい場所に入ることが決定したとのこと。

そして少年には約70万円の賠償金を支払うことで事件は幕を閉じるのでした。

性犯罪と聞くと、どうしても女性が被害を遭ったという連想をしてしまう方が多いかもしれませんが実際性別は関係なく、男女共に被害者にも加害者にもなり得るものだということがわかります。

今回は若気の至りなのかもしれませんが、3人の未来には大きな影がかかってしまったのではないでしょうか。また、目撃者である15歳の少女もいたたまれません…。

・合わせて読みたい→志尊淳、飲食店で聞いた言葉、外国で受けた質問に複雑 「うおおおおいい!」

(文/fumumu編集部・AKO

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事