「好きだけど別れたい…」 気持ちがあるのに離れる恋人の心理とは?

好きだというのに別れる人の心理とは?

落ち込む女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「好きだけれど別れたい」という経験をしたことはあるでしょうか。好きなのになぜ別れるの? と思ってしまう人もいることでしょう。

fumumu取材班は、心理を聞いてみました。


①孤独感を覚えたから

別れのステップに舵をきるとは思いもしなかった男性は…

「過去に好きな気持ちがあるのに別れた人がいます。お互い一目惚れに近く、付き合い当初は良かったのですが、僕の方がのめり込みすぎ、徐々に崩壊していきました。


たとえばLINEで少ししか返信がないと、余計な嫉妬心や寂しさが爆発し愚痴をこぼすように。そのうち精神的に苦痛になってきたので『もう疲れた』と言い、別れる流れになりました。好きな気持ちはあったので、その後はやっぱり引きずりました」(10代・男性)


関連記事:独身でいたいのに…結婚願望があるフリをして面倒になったエピソード

②結婚に程遠そうだから

結婚願望のある女性は、”適齢期”には敏感ですよね。それに対して男性は自由気まま。その温度差は別れにも繋がるようです。

「元カレはバンドマンの夢追い人。結婚適齢期を迎えても結婚のけの字も全く出てこず、やきもきしました。そうこうしているうちに、周りの友達がどんどん結婚して、子作りを始めたんです。


彼のことは大好きだったけれど、このまま付き合っていてもわたしの望む幸せは手に入らないと思い、別れることを決意しました。男性でも、子供が欲しいかの意見が合わないとか、彼女に結婚願望がないとかで泣く泣く別れることはあるようです」(30代・女性)


③共依存状態だから

このままではダメになってしまうと思ったことが、きっかけだったそうで…

「私は彼のことが好きだったのですが、お互いに相手がいないとやっていけない、依存する関係になってしまいました。


強い依存は嫉妬にも繋がって喧嘩も絶えず、一度離れることを決意しました。恋人同士でも一定の距離を保つことは大切だと思います」(20代・女性)


限界や変えられない現状を前に、泣く泣く別れてしまう人もいるようです。

・合わせて読みたい→自分は恋愛対象としてしかみてない…プロポーズの断り方3パターン

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事