封鎖中の都市で窃盗団が車を46台強奪 犯人はほとんどが未成年

封鎖された都市で車が大量に盗まれる事件が…。

盗難する男
(djedzura/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス感染防止の為、都市封鎖を行っていたアメリカのサウスカロライナ州にて複数の車が盗まれるという事件が発生。

犯人はなんと未成年の集団であることがわかり、現地で大きな話題となっています。


■休校中に少年犯罪が急増

3月からロックダウンを実施していたサウスカロライナ州では、当然学校も休校となっており、多くの学生がオンライン授業に勤しんでいるそう。

そんな中、よからぬことを考えた若者が一つの窃盗集団を結成し、3月中旬から各地で「車泥棒」を行っていたとのこと。

彼らは18もの販売店から計46台車を盗み出し、中には複数回被害に遭った店もあると言います。


関連記事:放置するとあぶない! 知っておきたい「未成年者の契約取り消し」

■窃盗団はほとんどが未成年!?

警察の調査によると、この窃盗団のメンバーは19人。最年少はなんと9歳、最年長は19歳という驚きの年齢層です。

現在、メンバーの内4人が拘留中、3人が「逮捕に至らない」と判断されており、残りの12人がどれほど犯行に関わっていたのか調査を進めている様子。また、彼らのほとんどが未成年であるため、損害賠償については親に請求が行くだろうと報道されました。

その中でも現在19歳のStewart Binns容疑者は3月25日に他の窃盗罪で逮捕されており、休校中である青少年の犯罪行為が物議を醸しています。

街に出る人がぐっと減る為か、アメリカではこういった軽犯罪から起こる治安の悪化が問題となっているのです。


■危険すぎる火事場泥棒

盗まれた46台の車は、警察の尽力によって既に40台が奪還されており、残りの6台は引き続き調査中とのこと。都市封鎖が行われている上、保管場所や販売経路も少ないため比較的容易に追及できることが予想されます。

地元警察は各販売店舗とより強い協力体制をとると発表し、今後更なる防犯対策に務めたいと話しました。

日本でも火事場泥棒として様々な犯罪が報じられています。私たちも「普段と同じ」と思わず、細やかなことにも目を光らせ、自分の身を守らなければいけないのかもしれません。

・合わせて読みたい→cocoのLGBT迷子中:「男性の性欲はお金に変わる」 確信した15歳の3日間

(文/fumumu編集部・AKO

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事