顔相鑑定㊾:伊藤健太郎は浅田真央似で人気運が高い カンチより財前役が似合う

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回は、俳優の伊藤健太郎さんを鑑定!

池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優、伊藤健太郎さん。

3月に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説『スカーレット』では、戸田恵梨香さん演じる喜美子の長男・川原武志役を務めました。

先週からスタートした柴門ふみさんの漫画が原作のドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ製作、配信ドラマ)では、「カンチ」こと永尾完治役で主演を務めています。

1991年にフジテレビ「月9」枠放送された伝説のドラマが、29年ぶりに現代版としてよみがえったとあって、大きな話題になっています。


■白目がきれいな伊藤健太郎

伊藤健太郎

伊藤健太郎さんの最初の印象は、「目がとても澄んでいて浅田真央さんを男にしたような顔だなぁ」でした。白目に汚れがまったくなくて、異様とも思える白さです。

静止画で見ると、目だけが人形のようにもCGで描いたアニメっぽい顔にも見えるのですが、表情が豊かで人間味があります。白目と黒目のコントラストがはっきりしているのは、心身ともに充実している証拠です。


関連記事:顔相鑑定⑦:上野樹里、結婚で顔が変わって女優業にも吉と出た!?

■心が広く穏やかな性格

眉と目の間隔が広いのも浅田真央さんに似ている部分で、これは心が広く穏やかな性格を表します。また、ミッキーマウスがそうであるように、観相学で田宅(でんたく)と呼ばれるこの部分が広い人は人気運もあります。

浅田真央さんと大きく違うのは、浅田さんがアーチ型の女性らしい眉なのに対し、伊藤さんは真っ直ぐに上がった一文字眉をしています。この眉の持ち主は大胆なところがあり、度胸が据わっていて、何事にも動じない強さを持った人です。


■エラからは男性的な剛の性格が

輪郭も殻を剥いたばかりの「ゆで卵」のようにきれいな卵形をした浅田さんに対し、伊藤さんは正面からはわかりにくいものの、エラがガッシリ張った男性的な輪郭です。

エラがガッシリ張った顔相は、体力もあれば運動能力も高く、精神的にも強い人で、男性的な“剛”の性格。そのぶん、柔軟性に欠け、臨機応変に対応するのが苦手です。

1991年版の『東京ラブストーリー』では「カンチ」役を織田裕二さんが演じましたが、かつてのトレンディ俳優で伊藤健太郎さんと似たタイプの顔を探すならば、唐沢寿明さんです。

唐沢寿明さんといえば、2003年版の『白い巨塔』(フジテレビ系)で、主役の財前五郎を演じました。20年後の2040年版『白い巨塔』では伊藤健太郎さんの財前五郎役を見てみたいものです。

★最新情報や写真鑑定のお申込みは「顔相鑑定士 池袋絵意知公式サイト 」をごらんください。

・合わせて読みたい→顔相鑑定⑤:深田恭子が女性からも人気が高い理由を顔から解説

(文/fumumu編集部・池袋絵意知

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事