中国産のマスクは「ゴミ」!? ドイツメディアの怒りに中国ネット民反論

ドイツメディアが中国産マスクのクレーム

マスク
(Snezhana Ryzhkova/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルスの蔓延により、各国がマスク不足に陥っている現在。中には事態が収束したという中国からマスクを輸入する国も多いと言います。

それはドイツも例外ではなく、先日約1100万枚のマスクを購入したのですが、思わぬクオリティに企業から「全部ゴミだ」というコメントが飛び出しました。


■首相直々に購入したマスクが…

4月初旬、ドイツのメルケル首相は中国の習近平主席に自ら電話をかけ、これらのマスクを購入。当初は「高品質マスク」を約束されていたはずが、蓋をあけるとほとんどが使い物にならないクオリティだったそう。

現地メディア「Mirror」が政府に委託された会社を取材したところ、責任者は「元々中国からは4月13日に到着する予定だった。混乱があり遅れた上、品物はほとんどが紐切れ、もしくはウイルスブロック機能のない物。全部ゴミだった」とコメント。怒りを露わにしました。


関連記事:現在市場に流通している「Made in Taiwan」マスクは中国製 台湾の皆さんが注意喚起

■日々リコールとクレーム

続いて「メルケル首相が直接電話をしたにも拘わらずこの仕打ち。なんという皮肉でしょう」と描写。中国からマスクや医療物資を購入した国々はため息をつきながらも、日々返品を行っている様子が報道されています。

現に、ドイツの他にもオランダやアフリカ諸国からもマスクや検査キットの不良品報告、そしてリコールが相次いでおり、これには中国政府もコメントを出す羽目に。

彼らは「割合上どうしても不良品は出る」と話していますが…。

次ページ ■「嫌なら買うな」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事