加藤紗里、16時間激闘の末に出産 「可愛く愛おしくてこんな天使が」

加藤紗里さんが、陣痛の様子を公開したのち出産しました。

加藤紗里

28日、タレントの加藤紗里さんが第一子となる女児を出産したことを報告しました。


■加藤紗里さんの妊娠

1月、加藤紗里さんは病院に行ったことを動画で報告。妊娠していたことが判明し、「シングルマザーとして頑張ります」と決意。

父親について一度「分からない」と言ってから、心当たりについて「まあ、そうですね。元だんなの子ですね」と答えました。

4月10日に更新したインスタでは、今月にも出産予定で、出産は「ライブ配信するつもり」と予告していました。


関連記事:はんにゃ川島の妻、第2子男児の誕生を報告 「幸せ…痛い…」

■陣痛の様子をノーカットでアップ

予告通り、28日にはノーカットで「12時間が経ちましたがまだ生まれてません」と陣痛に耐えている動画をユーチューブにアップ。いつもパワフルな加藤さんも、ぐったりしてその日を待っています。後半は、かなり息が上がっていました。

このリアルな実況に「今も痛いと思いますがもっと痛くなるので寝れるときは寝た方がいいですよ! 出産まで体力もたなくなります」「破水して長時間経ってると感染とか心配になってきますね… 紗里ちゃんが無事出産できますように!」と、ハラハラしながら多くの人が見守りました。


■「こんな天使が…」

大変なお産の中、自宅にて無事出産。「およそ16時間に及ぶ激動のすえ、無事に第一子の女の子を産むことができました」と、動画からさらに4時間かけて生まれてきた模様です。

「応援してくださったみなさまありがとうございます!!」と見守ってくれた人に感謝の意を伝えるとともに、「ほんとに可愛く愛おしくてこんな天使が紗里のところに来てくれたことがうれしいです」と心情を明かしました。

まずはゆっくりと体を休めてほしいですね。この度は、おめでとうございます!

・合わせて読みたい→高橋ユウ、帝王切開の決断から出産までの動画を公開 「明日ままになるん?」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事