中川翔子、デリバリーに悩み 「申し訳ないのかな?」「応援になるなら」

中川翔子さんが、デリバリーについて悩みを抱えていました。


中川翔子

23日、タレントの“しょこたん”こと中川翔子さんが、外出自粛を受けてデリバリーを頼むべきか悩みを吐露し、ファンに問いかけました。


■「外出させちゃうから…」

中川翔子さんが、外出自粛を受けて「デリバリー頼むのって外出させちゃうから申し訳ないのかな? ってこともよぎるけど、 デリバリー頼むことでお店の応援になるなら、支援したいなと思いますがどっちなんだろう??」と、新型コロナウイルスへの感染を危惧しつつ、お店の存続のためにデリバリーを注文するべきか頭を悩ませていました。


関連記事:コロナの影響で閑暇した/多忙になった、私達に身近な業種とは?

頼んでくれるとありがたい

この問いかけには、「飲食業界で仕事してるものです。 デリバリーやってるところは、頼んでくれるとありがたいです。少しでも売上が落ちないように、今までやっていなかったお店も数多く参入してます。 ぜひ、デリバリー頼んで食べて応援してください「大手チェーン店でも業績悪化とコロナ対策でてんやわんやしてるから、個人店なんて、本当に大変だと思う」と、デリバリーをする人側の立場に立った意見が続々。

加えて、「デリバリー頼むのは店の支援になっていいけど、店で食べるのと同じ料金ではいけないと思います。店を支援する気持ちがあるなら、配送費などのコストを消費者として負担する気持ちが必要だと思います」「悪天候の時はデリバリースタッフさんが大変なので、それ以外はお店の応援になるのではないでしょうか?」などの考えも挙がりました。


■色々デリバリー頼みます!

こうした反応を受けて、中川さんは「そうか。飲食店さんにとって応援になるなら、これからも色々デリバリー頼みます! 良いお店の味が、なくならないよう応援! 全国の飲食店さん、どうか頑張ってください!おいしいものをたべることが大好き。 日本の美食は宇宙の宝」と、デリバリーを頼む方向に決めました。

新型コロナウイルスで外出が不安な人は、デリバリーで日々のご飯を調達してもいいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→ファッション誌の表紙が真っ白に VOGUEイタリアの決断とは

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事