芸能界で流行中のリレーに辞退者も 「ちょっと多すぎる」「心苦しかった」

芸能人の間で流行しているバトンリレーを辞退する人が出てきています。

秋元才加
(写真提供:JP News)

芸能人の間で、お題の指示に従ってから次の芸能人にバトンタッチするバトンリレーが流行しています。

しかし、メンションをつけて一人に指名がされるため、それをしんどく感じる芸能人も出てきているようです。


■秋元才加「生きているだけで…」

女優の秋元才加さんは「本当ごめんなさい」と謝罪しながら、「毎日一生懸命生きているだけでも結構なカロリーを消費しているので、最近よく見かけるリレーとかバトンを私に回すのを遠慮して頂けると有り難いです」とあらかじめ宣言。

「私は隅っこで誰にも関わらず一人で踊っていたいのです。 無視した感じになってしまうのもちょっと心苦しかったので」と、自身でバトンリレーが止まってしまうことを気にして発信した経緯を明かしました。


関連記事:みちょぱがバトン企画に本音 「無視しちゃう」に共感の声集まる

■クロちゃん「ちょっと多すぎる」

また、お笑い・安田大サーカスのクロちゃんも、「色んなリレーが回ってくるけど、ちょっと多すぎるし、もうやらないつもりです」としんどくなっている様子。

「アイドルちゃんからと、いけそうなグラビアアイドルのからは、受けるかもしれないけど」と、安定のゲス発言を織り交ぜつつ、自身の心情を明かしました。


■やりたい人がやればいい

各ファンからは、「そんな気にしなくて良いと思いますよ。俳優の浅野忠信さんはすっぱり一言でやめてました。笑」「そういうの、やりたい人がやればいい」と同意するコメントが続々と寄せられました。

また、クロちゃんの下心満載な投稿に、「全然やらなくていいし、いけそうなグラビアアイドルなんていないしん」「やっぱりクロちゃんって正直過ぎるね…」といったツッコミも相次いでいます。

かなり昔にもインターネット上で流行した印象がありますが…。指名だからこそ、やらざるを得ないように感じてしまう人も多いんですよね。やりたいと思って楽しんでいる人たちだけでバトンが回っていきますように。

・合わせて読みたい→岡崎体育の「#うたつなぎ」 バトンを渡した相手にツッコミ殺到

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事